基本方針

 障がいを有する方々を体育・スポーツが果たす 『健康増進』 『リハビリテーション』 『自己開発』 『コミュニケーション』 等の役割を通じて支援します。 また、高齢の方々が健康でいきいきとした生涯をおくるために、誰でもが気軽に体育・スポーツ活動に親しむ機会を提供します。

障がい者のスポーツの振興

 正職員全員が『障がい者スポーツ指導員』の資格を有しており、障がいの種別や内容、運動能力や体力に応じたスポーツ教室等を開催するとともに、誰でもが気軽に体育・スポーツ活動に親しむ機会を提供し、もって障がい者・健常者の共生社会の形成に寄与します。

  • 年間を通じたスポーツ教室の開催(水泳、陸上競技、卓球等)
  • 競技大会出場のための強化練習会の開催
  • 自然体験会等の開催
  • フェスティバル、子どもの日の集い等地域交流イベントの開催
  • 市町村主催の障がい者を対象としたスポーツ講習会への指導者派遣
  • 全国障害者スポーツ大会へのコーチ等派遣
  • 大阪府障がい者スポーツ大会、堺市障害者スポーツ大会の運営
  • 大阪障害者職業能力開発校の保健体育指導 その他

高齢者スポーツ振興

 健康運動指導士・健康運動実践指導者等の有資格者が、年代や性別、運動能力や体力の違いに応じたスポーツ・健康運動教室やトレーニング指導を提供します。

  • 年間を通じたスポーツ教室、健康づくりプログラムの開催
  • 市町村主催の各種健康づくり教室への指導者派遣
  • 市町村主催の介護予防事業への指導者派遣 その他